人気の都内不動産情報

人気の都内不動産情報

何処に住むことが理想的か

不動産の話をするとおそらくネタは尽きないだろう、という風に語っていいだろう。人間が人間らしい文明的な営みをするために必要な要素である『衣食住』、その内の住となる人が人足らしめる住処を形成することから、ほとんどの人達は自給自足の生活を余儀なくされる。誰かに養い続けてもらえたら不自由なく生活できるが、そういったことが出来るほど甘い時代ではない。いずれは独り立ちした生活をしなければならないと言われてもいるが、その点に関しては人それぞれといったところか。

そうした中、日本で抱えている問題の1つとして地域の過疎化が挙げられている、原因は言うまでも無く都市機能として充実し、更に衣食住をこなすために必要な要素が凝縮されている街へと若い人員が流れに流れていっているからだ。一極集中型となっている現在の日本の人口係数は、大半が都内へと集約されているのは誰が見ても明らかな事実となっている。地元地域として都内、もしくは均衡に住んでいる人にとって見れば大したことではないが、地方から訪れた人達にしてみれば都内はまさに夢が沢山詰まっているワンダーランドのように見えているのかもしれない、最初の内は。

意味深な発言をしたが、筆者に言わせて貰えば東京、それも都内という場所を不動産的に考えれば確かに利便性と充実したライフスタイルを過ごすには十分すぎるかもしれないが、人気を博したあるこみっきのタイトルをオマージュさせてもらうと、東京都内は『死のお伽街』などといっても差し支えない。色々あるこの東京都内で、現在ではどこの地域が人気で、そしてどうして人気を呼んでいるのかを考察して行こう。

都内最強?

今回参考にするのは昨年2013年で最も人気だったエリアでの賃貸を参考に話を進めて行こうと思う。ここで紹介するのはあくまで参考程度であって、必ずしも個人の意思にそぐわない内容なども含まれている可能性があるため、その点については了承の上でご理解を頂きたい。

さて、まず始めに上位10位までのランキングを見てみると、やっぱりといったような結果になっている。

  • 1位:池袋
  • 2位:荻窪
  • 3位:大宮
  • 4位:三軒茶屋
  • 5位:川崎
  • 6位:高円寺
  • 7位:吉祥寺
  • 8位:恵比寿
  • 9位:葛西
  • 10位:中野

こうして統計的に見てみると、長年愛されている地域が多数含まれているため、いつの時代になっても誰がどの街を好むのかという傾向に関しては、とりわけ大きな違いを示しているといったそんな大それたことはないようだ。どういう意見を持っているかはいざ知らず、あくまで総体的に考えて見ると駅が近いという理由だけでなく、交通の便がいい、またライフラインとなるあらゆる設備が住宅周辺で整っている、もしくはそれ以外の要素でここの住むことを決めたといった、そういった理由が大半だろう。

ではそれぞれの街に関して焦点を当てつつ、分析を含めた考察をしていこう。

池袋という定石の理

もはや東京都内に住んでいる人、もしくは地方から引っ越してきた人達にとって見れば憧れの1つとして数えられている街となっている池袋は、毎年常に上位ランキングに食い込んでいる人気だ。駅周辺、特に東口に関しては生活に必要な店は勿論、娯楽などの設備も十二分に整えられているため、困るという言葉に悩まされる事はほとんど無い。ある意味快適ともいえるが、それだけに駅からそれとなく付かず離れずの距離に位置している物件などは、空室が出た瞬間に埋まってしまうほど。

そう考えると人気があるエリアに住むというのは、簡単なことではない。例え空きがあったとしても予算となる家賃などが高額すぎて入居できないといった、そんな問題と立ち尽くしてしまうかもしれない。そうなった場合には素直に諦めるしかないが、人によっては池袋もどうかと思うなどと考えている人がいるかもしれない。

実は穴場、な荻窪

次にランクインしたのは『荻窪』、名前だけなら知っているという人もいるだろうが中にはそもそも行ったことがないという人もいるだろう。そちらに関しては何ら不思議なことではない、そもそも荻窪駅があるのは中央線、このランキングにも登場している中野や吉祥寺といった、住居以外の用途で人気を博している地域がひしめき合っている中では、荻窪の存在は残念ながら薄いという他ない。ただその薄さが逆に盲点となって、この街にもしかしたらいい物件があるかも知れないと、そう勘付く人が多いのかもしれない。

そもそも荻窪という街は高級住宅街というイメージが強く、そのため治安なども他の街よりも少しは安全安心して暮らせる環境ではないだろうかと考えられている。高級住宅街ともなれば何かと身の安全を考えた人達が強いたセキュリティ体制が整えられている可能性が高く、ゆったりと生活できる環境を形成できるのであれば、それに越したことはないだろう。

ちょっと意外だった、大宮

東京都内の人気エリアはまだまだあるが、そうした地域を除いて2013年に第3位としてランクインした地域は、埼玉県大宮市だ。筆者も何度か訪れた事はあるが、今では交通の便も整えられているため、新宿などの駅路線が集中しているところからは電車1本で訪れることが出来る街だ。それは大宮にしてもそうだ、湘南新宿ラインを使用すれば直ぐに行けるとあって、東京都内から少し離れた便利な街で野生活で事足りていると、そんな風に考えている人もいるという。

また駅を周辺に超高層タワーマンションを建築しているとあって、今まさに売り出している最中といえる時期となっている。既に一般的な知名度にまでなっているため、今から探すとなったら少しばかり苦労するかもしれないが、住む場所としては中々充実しているところとなっている。

買い物、駅、そして街の景観、共に完璧な三軒茶屋

筆者個人が気になったのは、4位にランクインした三軒茶屋だ。この街はまさに住宅街といえる街並みとなっており、東急田園都市線を始め、昔ながらの路面電車を彷彿とさせる世田谷線もあって、古風と今風が混ざり合った、老若男女が好いている町としてもその知名度は高い。筆者も学生時代、良くこの街に遊びに来ていたが、都会的な雰囲気がありながらも、世田谷区とは思えない庶民派な雰囲気の漂っていることには、とても印象的に感じた部分もある。

そんな三軒茶屋でのキーワードとして語られているのが『美味しいパン屋がひしめき合っている』ということ。地元の人達から愛されているそんな美味しいパン屋が沢山集っているこの街に、いつか住みたいと考えている人も、納得のいく理由だ。

物件としては

他にもまだまだ人気となっている地域はあるが、あくまで先に紹介したのはエリアでの話だ。地域によっては一軒家、またはマンションの方が人気となっているところもある。その違いといった物は何処にあるのか気になるところ、やはり追い求めないと気がすまないので調べてみようと思う。次からはそんな人気処を中心とした、物件を中心に考察して行こう。

大島てる
    東京都内、不動産事情を探る

    日本の首都、東京都内に住む事はある種日本人にとってステータスになっている。人気の地域に住むことが憧れと語っている人も多くいる中で、不動産業界にとって切り離す事の出来ない影として、事故物件がある。このサイトはそんな日本の不動産業界の現状と、裏に根付く

    東京都内、不動産事情を探る